メニュー

皮膚のおでき、いぼ、ほくろの摘出

皮膚の下にできるできもの(いぼ、ほくろ、おできなど)は、良性腫瘍、黒色腫、脂肪種、粉瘤などといわれるもので、ほとんどが良性なものが多いのですが、中には悪性化しやすいものや、悪性なものもあります。また、できている場所によっては、日常生活において擦れやすい場所にあり、痛みを伴うなど、不快な思いをしたり、人目に目立つところにあると、他人の目が気になるなど美容上の理由から不快な思いをしたりすることも少なくありません。または、不用意に触ってしまい、菌がはいってしまうと化膿するなど、余計悪化させてしまうことにもなりかねません。

ただ、このような皮下腫瘍摘出術を何科にかかれば実施してもらえるのかは、あまり知られていませんが、皮膚科です。しかし、多くのクリニックでは手術適応のものでも、手術をできる環境にある施設が少ないために大きな病院へ紹介されたり、軟膏や処方薬が処方されたりしている場合が多いのが実情です。

当院は外科ですので、日帰り手術の環境はいつでも整っておりますので、安心して手術をお受けいただくことが可能ですし、摘出して病理検査でそれが良性か悪性のものなのかも検査しますので、安心できます。

できもので悩まれている方は、まずは受診してご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME